家づくりの知識
Knowledge

冷えによる体の不調を防ぐ暖かい家

身体の「冷え」は万病の元。
気密性・断熱性の高い家で防ぎましょう。

「冷え」は身体にさまざまな不調を引き起こします

冷えに悩むイラスト

「手足が冷たい」「肩がこる」「お腹が冷えて下痢をしやすい」など、冷えによって引き起こされる身体の不調は人それぞれです。冬の時期には、湯たんぽが無いと寒くて寝つけなかったり、ブランケットが無いと過ごせないという方も多くいらっしゃいます。冷え性は体質的な問題で治療することは難しいと言われていますが、家の中で寒さを我慢する必要は決してありません。

冬に寒い家だと体温調節のバランスが崩れます

人の身体には、寒さや暑さに対して体温をほぼ一定に保つ機能が備わっています。寒い場所で長時間過ごすと、頭部や臓器などに優先的に血流を集中させて体温を保とうとするため、手足の先まで血流が行き渡らなくなってしまいます。そしてこの状態が長く続いた場合、体温調節のバランスが崩れ慢性的な冷え性になってしまいます。寒い家で毎年冬を越す場合、そうでない場合と比べて慢性的な冷え性になる可能性は高まると考えられます。

「高気密・高断熱」の住まいづくりが大切

床暖房イメージ

冷え性による身体の不調を防ぐために、冬の間「暖かい家」で過ごすことが重要です。そうは言っても、単に暖房を強く設定すればよいというものではありません。暖房を強くしすぎると、肌や喉が乾燥してしまいますし、暖気が全体に行き渡らず足元は寒いままになってしまいます。そこで重要なのは、住まいの気密性や断熱性を高めることです。さらに、床暖房を利用することで、足元から緩やかに身体を暖めることができます。

関連設備

長崎市北部・時津・長与の
注文住宅なら

自由工房にお気軽に
ご相談ください

095-801-3555
受付時間/平日9:00〜17:00
(土日祝/10:00〜16:00)
※不定休