家づくりの知識
Knowledge

気密性が高い家のメリットとは? ~気密性の高い家づくりで健康的な暮らしを~

気密性が低いと隙間から家の中にさまざまなものが侵入します

隙間から家の中にさまざまなものが侵入します

車の排気ガスや、花粉や害虫、騒音など、家には不快なものや健康を脅かすものまでたくさんのものが侵入します。特に「隙間」が多い家は、湿度管理が十分にできずカビが繁殖しやすかったり、温度管理ができず冷暖房費が余計にかかったりしてしまいます。幹線道路に近い家では騒音がひどかったりと、快適な住環境が妨げられます。これらを防止するためには、住宅の隙間をなくし、気密性を高めることが重要です。

気密性を高めることで効果的な湿度管理が可能になります

気密性には湿度管理が重要

住宅の気密性を高める最大のメリットは、効果的に湿度管理を行えるようになることです。気密性の低い家だと隙間から勝手に外の空気が入ってしまい、いくら排気をしようと思っても汚れた空気を十分に吸い出すことができません。外の湿気が入らない気密性の高い住宅にすることによって、空調設備や換気システムを使った効果的な湿度管理が可能になります。梅雨の時期でもカビやダニの繁殖を抑えることができ、冬場の寒暖差による結露も防ぐことができるので、年間を通して快適な住環境を実現することができます。

関連ページ

関連設備

長崎市北部・時津・長与の
注文住宅なら

自由工房にお気軽に
ご相談ください

095-801-3555
受付時間/平日9:00〜17:00
(土日祝/10:00〜16:00)
※不定休