家づくりの知識
Knowledge

家族の健康は、家の湿度管理から

家族の健康は、家の湿度管理から

健康的に暮らすために最適な湿度は?

室内で快適に過ごすことのできる湿度は40〜60%と言われています。これより湿度が下がると、目やのどが乾燥してしまうだけでなく、インフルエンザなどのウイルスが活動しやすくなります。対して、湿度が高すぎると、カビやダニが発生しやすくなってしまいます。湿度を適切に保つためには、湿度計などを使用して随時調節するようにしましょう。全館空調の住まいづくりを行うこともおすすめです。

湿度管理ができていないと、ダニが発生します。

特に梅雨の時期など、湿度管理がしっかりできていないと家のさまざまなところが結露し、そこからカビが発生してしまいます。カビが発生すると、必然的にそれを栄養源とするダニも繁殖しやすくなります。ダニそのものがアレルギーの原因になってしまうだけでなく、死骸やフンが原因で人体のさまざまな器官でアレルギー症状を引き起こす可能性があるため、湿度コントロールでカビやダニを繁殖させないことがとても重要です。

関連ページ

長崎市北部・時津・長与の
注文住宅なら

自由工房にお気軽に
ご相談ください

095-801-3555
受付時間/平日9:00〜17:00
(土日祝/10:00〜16:00)
※不定休